【エプソムC】栗東レポート~サトノアーサー

     

6月10日(日)に東京競馬場で行われる第35回エプソムカップ(GIII)に登録しているサトノアーサー(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

(前走のメイS3着を振り返って)
「折り合いはついていましたが、どうしても勝負どころから図太さを見せていました。それはいつものことなのですが、休み明けということもあって、最後までトップギアに入りませんでした。力を出していないというか、いかにも休み明けの走りだった印象です」

(本格化は近いか?)
「肉体的にはだいぶ完成の時期に入っていると思いますが、まだトップギアに瞬時に入ってくれないところがあります。常にコンスタントにトップギアの脚を使えたら重賞はいつでも勝てると思います」

(菊花賞後にマイルを2回使った理由は?)
「元々、デビューする前からこの馬は適性がマイルから1800mだと思っていました」

(前走後の調整について)
「1回使った上積みは大きいので、トモの力もさらにパワーアップしています。楽しみにしています」

(調教過程を振り返って)
「間隔が詰まっているので、サッと馬なりで伸ばしただけです。非常に良かったです」

(取材:米田元気)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース