【エプソムC】栗東レポート~グリュイエール

     

6月10日(日)に東京競馬場で行われる第35回エプソムカップ(GIII)に登録しているグリュイエール(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)について、追い切り後の藤原英昭調教師のコメントは以下の通り。

(前走の府中S1着を振り返って)
「本当に期待していた馬です。屈腱炎を発症して2年ぶりでしたが、間違いなく潜在能力があって走るだろうという思いでオーナーが辛抱強く待ってくれたおかげで、その期待に応えたい思って、しっかり仕上げました。
 北海道のノーザンファーム空港牧場でしっかりケアしてくれて、それなりの訓練をして、こちらに連れてきてもらっていました。これはミスできないという思いでした。たくさんの人が協力してくれた実績がありますので、体重が増える云々よりもしっかり絞って、ここで本当に勝つんだという思いで仕上げました。
 牧場とも相談して、本当は1年半ぐらいで予定を立てていたのですが、ここまで来たのですから、オーナーに了解を得て、もう半年しっかりケアをするというところで、2年間を費やしました」

(前走後の調整について)
「2200mの日本レコードを持っている馬ですので、しっかり走ってくれるだろうという期待はしていました。後のことはさすがにどうなるんだろうという不安もありました。現在、ここへ使うという意味では、思ったより負担はなかったと思います」

(調教過程を振り返って)

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース