【マーメイドS】栗東レポート~ミエノサクシード

     

6月10日(日)に阪神競馬場で行われる第23回マーメイドステークス(GIII)に登録しているミエノサクシード(牝5、栗東・高橋亮厩舎)について、追い切り後の高橋亮調教師のコメントは以下の通り。

(前走の阪神牝馬S6着を振り返って)
「ここのところスタートが遅い馬だったのですが、良いスタートを切ってくれました。スローの中、すごく良いポジションレースができましたが、ヴィクトリアマイルでも同じようなGI級のメンバーだったので、その中でよく頑張ってくれました。着順は着順ですが、評価はできるのではないかなと思っています。
 もう少し流れてほしかったのですが、こればかりはレースなので仕方がありません。前に行きそうな馬が少なかったので、あのようなレースになるのではないかと想定はしていました。
 あの流れでも上手に走れていたので、今度は2000mですが大丈夫ではないかと思っています」

(2000mは去年の秋華賞以来)
「あの時は連勝して強行軍だったのですが、一生懸命走っていました。そこからも力を付けているみたいですからね」

(上がり最速の脚を何度も使っているが?)
「結構コンスタントに33秒台の、いつも良い脚で来てくれています。強いメンバーでも良いレースをしてくれていたので、やっと噛み合ってきて、少しずつ力を付けてオープンに上がれて、それでやっと重賞を使える感じで・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース