【東京ダービー】(大井)~ハセノパイロ戴冠、的場文男騎手は10回目の2着

     

 6日、雨、重馬場の大井競馬場で行われたダービーシリーズの第4戦=第64回東京ダービー(SI・2000m・16頭)は、5番手追走から4コーナーで2番手まで押し上げた2番人気ハセノパイロが直線の激しい追い比べを制し、南関東3歳世代の頂点に立った。勝ちタイムは2分6秒7。

 先行グループで運んだ6番人気のクリスタルシルバーがクビ差で2着。悲願の東京ダービー制覇へ37回目の挑戦だった的場文男騎手はこれで10回目の東京ダービー2着となった。3着に内から伸びた8番人気のクロスケが入り、羽田盃に続く二冠を狙った1番人気ヤマノファイトは7着だった。

 勝ったハセノパイロは父パイロ、母タイキアヴェニュー(その父ティンバーカントリー)という血統。通算成績は9戦4勝、重賞は昨年のハイセイコー記念以来で2勝目。

 鞍上の矢野貴之騎手は東京ダービー初制覇、管理する佐藤賢二調教師(船橋)は2001年トーシンブリザード、昨年のヒガシウィルウィンに続いて3勝目。

<レース後の関係者のコメント>
1着 ハセノパイロ(矢野貴之騎手)
「ダービーを勝った実感はまだ無いのですが、ホッとしたという気持ちです。直線はほとんど覚えていません。3~4コーナーの手応えが凄くて強気に動いたのですが、やっぱり早かったかな...と思いました。2着馬の足音も聞こえていたので、何とかしのいでくれという気持ちでした。とても大人しくて・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース