【八王子特別】(東京)~降級馬ミキノトランペットが人気に応える

     

東京9Rの八王子特別(3歳以上1000万下・ダート2100m)は1番人気ミキノトランペット(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒0(良)。4馬身差の2着に2番人気ミッキーポジション、さらにクビ差の3着に7番人気カブキモノが入った。

ミキノトランペットは栗東・大橋勇樹厩舎の4歳牡馬で、父トランセンド、母インフィニータ(母の父ジョリーズヘイロー)。通算成績は15戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ミキノトランペット(田中勝春騎手)
「準オープンを走っていた馬ですし力が違いました。トモに力をつけてパンとしてきましたし、折り合いもつくので距離の不安もなく安心して乗れました」

2着 ミッキーポジション(菊沢隆徳調教師)
「暑い時期はどうだろうかと思っていましたが、よく頑張っています。今後は一度休ませる予定です」

3着 カブキモノ(三浦皇成騎手)
「テンからスッと行けて、いいリズムで良い内容でした。最後もよく頑張っています」

5着 クレディブル(内田博幸騎手)
「今日は勝った馬が強かったです。出たなりの位置でリズムよく行けましたが、4コーナーで被された時にひるんでしまいおかれてしまいました。まだまだ奥がありそうな馬なので、大事に乗りたいです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース