【関東オークス】(川崎)~ハービンマオがゴール前とらえきって、重賞初勝利

     

川崎競馬場(天候:晴、馬場:やや重)で行われたダートグレード競走の第54回関東オークス(JpnII・ダート2100m)は、中央から4頭、他地区から4頭を含む13頭によって争われ、中団からレースを進めた6番人気のハービンマオ(JRA)が2分17秒6で差し切り勝ちを収めた。勝利騎手は松岡正海騎手。
4番手からレースを進め、4コーナーで一気に先頭に並びに行った5番人気で、地元川崎のゴールドパテックが3/4馬身差の2着、そこから4馬身あいて3着には逃げた3番人気のクレイジーアクセル(大井)が入った。
2番人気のプリンセスノンコ(JRA)は5着、1番人気のララプリムヴェール(JRA)は6着に敗れた。

ハービンマオは、父ハービンジャー、母ダンシングマオ(その父ゴールドアリュール)という血統の牝3歳の栗毛馬。JRA美浦・中舘英二厩舎の所属。通算成績は6戦2勝。
今回初めての重賞への挑戦で、見事勝利した。

<レース後の関係者のコメント>
1着 ハービンマオ(松岡正海騎手)
「いい競馬が出来て嬉しいです。ずっとチャンスを頂いていたので、何とか結果を出したいと思っていました。ペースは速かったのですが、深追いするとこの馬の持ち味が出ないと考えていました。上手く前の馬に追い付く事が出来て良かったです。レースセンスがあって素直ですし、良い所が沢山あります。これからも頑張っていきたいですね・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース