【天の川賞】(福島)~ワイルドカードが9馬身差で圧勝

     

福島10Rの天の川賞(3歳以上1000万下、ダート1700m)は1番人気ワイルドカード(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒0(重)。9馬身差2着に2番人気テルペリオン、さらに3/4馬身差で3着に4番人気ゴールドブラッドが入った。

ワイルドカードは美浦・木村哲也厩舎の4歳牡馬で、父ストリートセンス、母パーフェクトチャンス(母の父Unbridled's Song)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ワイルドカード(北村宏騎手)
「やはり強いですね。スタートが決まったので逃げる形になりましたが、いいストライドで走っていましたし、仕掛けると一瞬で後続を離しました。ビックリするくらいの加速でしたね。今後も無事に行って欲しいです」

3着 ゴールドブラッド(田中勝騎手)
「安定して走れますし、内容も悪くありませんでした。今日は1頭強い馬がいましたが、1000万下でもやれます」

4着 ボールドアテンプト(田辺騎手)
「内々をロスなく立ち回れました。今日はうまく行きました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース