【安達太良S】(福島)~降級2戦目のノーブルサターンが勝利

     

福島11Rの安達太良ステークス(3歳以上1600万下・ダート1700m)は5番人気ノーブルサターン(鮫島良太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒9(良)。クビ差の2着に4番人気レッドオルバース、さらに3/4馬身差の3着に3番人気スウィフトレイドが入った。

ノーブルサターンは栗東・牧浦充徳厩舎の4歳牡馬で、父カジノドライヴ、母クロスマイハート(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は17戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ノーブルサターン(鮫島良太騎手)
「後手を踏んで外枠でしたし、位置を取りに行きました。4コーナーで楽な手応えのまま前に並べましたし、力をつけています。上手に走れるようになって、レースに幅が出ました」

1着 ノーブルサターン(牧浦充徳調教師)
「ゲートで我慢してくれない感じがあって、最近は(スタートの)タイミングがずれています。出遅れましたが、前につけられました。我慢するレースを覚えさせていたかいあって、レースの幅が広がりました」

3着 スウィフトレイド(石橋脩騎手)
「1700mへの対応がカギだと思っていました。ポンとスタートを出てくれて、無理せずに前へとつけられました。向正面から遅れそうになるのですが、リズムを良くしないと終いに伸びないので最低限のプッシュでいきました。今日はよく伸びています」

7着 ミッシ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース