ワールドベストレースホースランキング、ウィンクスが首位キープ

     

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。今回の発表は2018年1月1日から8月5日までに施行された世界の主要レースが対象で、キングジョージ6世&クイーンエリザベス2世ステークスなどが含まれている。120ポンド以上の32頭が掲載された。

 ウィンクスが130ポンドで今回も首位を守り、2位タイはガンランナーとポエッツワードで129ポンドだった。ガンランナーは新たな出走がなくレーティングは前回と同じで、前回125ポンドで3位タイだったポエッツワードはキングジョージ6世&クイーンエリザベス2世ステークスを勝って2位タイに浮上した。このレースでポエッツワードにクビ差の2着だったクリスタルオーシャンが128ポンドで4位となっている。
 5位タイは125ポンドで、クラックスマンとバターシュだった。バターシュは芝1000mのキングジョージステークスを4馬身差で快勝し、昨年に続いてランキングに加わった。7位タイにはジャスティファイとウエストコースト(124ポンド)が続いた。9位タイのベンバトル、ハッピークラッパー、サンダースノー、トラピーズアーティストはレーティング(123ポンド)が変わらず、前回から順位が2つずつ下がっている。

 日本調教馬は、前回と同じ2頭が掲載された。スワーヴリチャードが121ポンドで17位タイ、ミッキーロケットが120ポンドで25位タイとなっている。

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧