【オールカマー】栗東レポート~アルアイン

     

9月23日(日)に中山競馬場で行われる第64回オールカマー(GII)に登録しているアルアイン(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)について、池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

(前走のクイーンエリザベスⅡ世C5着を振り返って)
「香港は時計がかかるような馬場で、少し向いていなかったかなという印象でした」

(オールカマーを始動戦に選んだ理由は?)
「中山のこのぐらいの距離は適性が一番高いのと、秋の中山開催は割りと芝が硬くて高速決着になるので、そういうレースが合っています。札幌記念を回避した段階からこのレースに目標を切り替えました。
 欲を言えば2000mが本当はベストなので、1ハロン長いです。それでもセントライト記念で2着に来ていますように、こなせる範囲だとは思います」

(今後の路線は?)
「秋の天皇賞は出走予定ですが、ジャパンカップはさすがに長いので、天皇賞以降はまだ予定が流動的になっています」

(馬が変わってきたところは?)
「もともとは大型馬で好馬体でした。完成度が高い馬だったので、それなりには成長しているのですが、大幅に成長した感じではないですね」

(最終追い切りを振り返って)
「北村友一騎手に乗ってもらいました。少し体が太そうに見えたのですが、本人に聞くと大丈夫だと言っているので、輸送もありますし、ち・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース