【秋華賞】サトノワルキューレが疲労回復の遅れで回避

     

120

 ローズSで6着のサトノワルキューレ(牝3歳、栗東・中竹和也厩舎)は疲労の回復が遅れ、秋華賞(10月14日、京都)を回避することが2日、陣営から発表された。今後は未定。
  同馬は昨年11月のデビューからMデムーロ騎手とコンビを組み続け、今春のフローラSで重賞初制覇。続くオークスでは6着だった。秋初戦のローズSで6着になり、秋華賞での巻き返しに向けて栗東で調整を続けていたが、態勢が整わず回避となった。辻野助手「疲れが取りきれないため、秋華賞を回避することになりました」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000110-sph-horse

続きを読む

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ