【京都大賞典】(京都)~サトノダイヤモンドが昨春以来の復活V

     

京都11Rの京都大賞典(3歳以上GII・芝2400m)は2番人気サトノダイヤモンド(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒4(良)。半馬身差の2着に4番人気レッドジェノヴァ、さらに1馬身3/4差の3着に3番人気アルバートが入った。

サトノダイヤモンドは栗東・池江泰寿厩舎の5歳牡馬で、父ディープインパクト、母マルペンサ(母の父Orpen)。通算成績は16戦8勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノダイヤモンド(川田騎手)
「中間は一緒に日々を過ごしていました。復活してくれて競馬界にとっても盛り上がると思います。まずは一つ勝ててホッとしています。レースはダイヤモンドが選ぶ競馬をしようと思っていました。手応えがよく早めに動く形になりましたが、強気に押し切ろうと思っていました。ジャパンCまでに状態が戻ってくればと思っていたので、思っている以上に戻ってきているのが早かったです。今後もこの馬にふさわしい輝きが出せればと思っています」

3着 アルバート(モレイラ騎手)
「調教で乗った感じからいい動きで期待していましたし、自信を持って乗りました。ポジションや折り合いなどを含めて、しっかり走ってくれました。しかし、ペースアップしたところで早めに動く形になり、直線では外を回る形になりましたが、立て直してしっかり走ってくれました。馬が応えてくれて有難いです」

4着 シュ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース