【秋華賞】美浦レポート~プリモシーン

     

 14日(日)に京都競馬場で行われる第23回秋華賞(GI)に出走するプリモシーン(牝3、美浦・木村哲也厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●プリモシーンについて木村哲也調教師
「(関屋記念は)北村騎手はさすがだなと思って見ていました。よく頑張ってくれました。

 (秋華賞へ向けてトライアルは使わずに直行、というローテーションは)夏にしっかり走ってくれたので、またもう1回頑張ってもらってGIに行く、というのはちょっとかわいそうだな、と思ったので。レース後はノーザンファーム天栄に移動してしっかり休みを取って、4週間前に厩舎に帰ってきて今に至っています。

 戻ってきた時には健康そうだな、と感じましたし、1週間前の追い切りは基本的にはいつも通りという感じですね。先週の時点で課題があって、それが出来るか確認をして、という事は2週前も3週前も4週前も同じでした。(その中で1週前に関しては)自分のリズムで道中走ってくれて、直線に向いてもまっすぐ走ってくれるんじゃないかと期待していて、馬もそれに応えてくれたと思いました。

 (今週の追い切りは)北村騎手に状態を把握して貰いたかったのと、『馬は大丈夫ですよ』という事を確認して貰いたい所がありました。春にはなかなか点数が取れなかった所で点数が取れるようになってきた、という感触はあります。

 (この馬の一番の良さは)走って・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧