【秋華賞】美浦レポート~トーセンブレス

     

 14日(日)に京都競馬場で行われる第23回秋華賞(GI)に出走するトーセンブレス(牝3、美浦・加藤征弘厩舎)について、追い切り後関係者のコメントは以下の通り。

●トーセンブレスについて加藤征弘調教師
「今週も輸送があるので、先週しっかり負荷をかけて今週はあまり馬を興奮させず、リラックスさせる目的で単走で追い切りました。最近は馬も大分落ち着いてきて、難しい所がなくなってきていたので特に心配はしていませんでしたし、ジョッキーも馬と上手にコンタクトを取ってくれて、しっかり乗ってくれました。

 (ローズSの後は)レース後にかなりフケの症状が出ていたので、致し方なかったのかなと思いました。なかなかあそこまでフケの症状が出ることは無いんですが、かなり酷かったので仕方がなかったです。久々にレースに使った後もイライラするような所もなく、リラックスして落ち着いて在厩できています。前走時からかなり仕上げて臨んでいたので特にプラスアルファがある、という訳ではありませんが、前回の良い状態を維持できていると思います。

 (2000mに関して)少し長い気もしますが、コーナー4つは道中前半折り合いがつけやすいという事もあって、特に心配はしていません。スタートしてから、いかに自分のリズムで最初に折り合えるかが最大のポイントだと思います。(最後の一冠に挑むにあたって)春先は重賞路線をずっと使っていて、2勝目を挙げるというより(重賞で)・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧