【ジャパンC】(東京)~アーモンドアイが世界レコードで勝利

     

東京11Rの第38回ジャパンカップ(3歳以上GI・芝2400m)は1番人気アーモンドアイ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分20秒6(良)のレコード。1馬身3/4差の2着に4番人気キセキ、さらに3馬身半差の3着には2番人気スワーヴリチャードが入った。

アーモンドアイは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は7戦6勝。

~レース後のコメント~

1着 アーモンドアイ(C.ルメール騎手)
「素晴らしい馬です。速いペースでしたが、彼女は流れに乗っていました。リラックスしていました。直線はよく伸びました。キセキは強い馬で止まりません。彼の後ろで我慢しました。残り300mで競りかけました。ゴールまでよく戦ってくれました」

2着 キセキ(川田将雅騎手)
「今日はとにかく自分の競馬をしようと考えていました。良い雰囲気で返し馬を終えられて、良い内容のレースができました。普通なら当たり前に押し切れるレースなのでしょうが、今日は素晴らしい馬(アーモンドアイ)がこの馬の前にいました。キセキとしては目一杯のレースをしてくれました。ここまで仕上げてくれたスタッフと頑張ってくれたキセキに感謝します」

3着 スワーヴリチャード(M.デムーロ騎手)
「よく頑張りました。状態はだいぶ良くなっていて、良い・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
日経賞2019 出走予定馬のラップギアと血統データ傾向 New!  競馬sevendays
【スプリングS】エメラルファイト買えた奴こい New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
【阪神大賞典】ロードヴァンドール横山典wwww New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
大阪杯 登録馬   競馬サイン・勝利の法則
日経賞 高松宮記念 登録馬   競馬サイン・勝利の法則