【オータムリーフS】(京都)~コパノキッキングがゴール寸前で捉える

     

京都11Rのオータムリーフステークス(3歳以上オープン・ダート1200m)は1番人気コパノキッキング(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒8(良)。クビ差の2着に7番人気ジューヌエコール、さらに3/4馬身差の3着には9番人気ワンダーリーデルが入った。

コパノキッキングは栗東・村山明厩舎の3歳セン馬で、父Spring At Last、母Celadon(母の父Gold Halo)。通算成績は7戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 コパノキッキング(藤岡康太騎手)
「前回、後ろからのレースを経験していましたが、もともとスタートの良い馬なので、今日は行く馬に行かせて好位置でレースをしました。砂を被って反応の鈍いところはありましたが、直線ではしっかりと伸びました。強い勝ち方だったと思います」

2着 ジューヌエコール(北村友一騎手)
「初めてのダートのレースで、良い手応えで4コーナーを回って直線で良い脚を使ってくれました。ダートで変わり身を見せてくれました」

3着 ワンダーリーデル(松山弘平騎手)
「ロスなく良いかたちでレースはできたのですが、直線で一瞬だけ狭くなりました。(スムーズでなかったのは)そこだけです。良い脚を使ってくれました」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース