【エリザベス女王杯】(京都11R)~リスグラシューが悲願のGI初制覇

     

京都11Rのエリザベス女王杯(3歳以上GI・牝馬・芝2200m)は3番人気リスグラシュー(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒1(良)。クビ差の2着に9番人気クロコスミア、さらに3馬身差の3着に1番人気モズカッチャンが入った。

リスグラシューは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牝馬で、父ハーツクライ、母リリサイド(母の父American Post)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 リスグラシュー(J.モレイラ騎手)
「色々な惜しい場面がありましたが、GIを勝てる能力はあると思っていました。道中はスムーズで、直線では外にスペースができました。能力を見せられて良かったです。日本で始めてのGI勝利で特別な気持ちがあります。ガッツポーズをしてしまったことは許してください。この馬がさらにGIを取れるようにまた頑張りたいです」

2着 クロコスミア(岩田康誠騎手)
「惜しかったです。自分の競馬をして早めにスパートもしましたが、切れ味勝負で負けてしまいました」

3着 モズカッチャン(鮫島一歩調教師)
「もっとペースが流れてくれればというのもありますが、良いポジションを取れて、道中窮屈な所がありながら、それなりに力を示してくれました」

4着 レッドジェノヴァ(池添謙一騎手)
「内枠だったので、内に押し込めら・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
高松宮記念6 ノリさんと「合体」 New!  競馬サイン・勝利の法則