【シルクロードS】栗東レポート~ラブカンプー

     

☆27日(日)京都競馬場で行われる第24回シルクロードステークス(GIII)に出走を予定しているラブカンプー(牝4、森田)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ラブカンプーについて、森田直行調教師

・(前走のスプリンターズステークス2着は)使い詰めながらも馬体重は使う毎に増え、筋肉量も見るからに増える中でのレースで、期待を持って送り出したレースでした。

・(レース後は)一旦放牧に出しましてここ(シルクロードステークス)を目標に乗り込んでいました。2週間ほど前に帰ってきて順調に調教を積んでいます。

・(一週前の追い切りは)坂路で一杯にと僚馬のダイメイプリンセスと併せました。夏場の方がいいのではと思っていましたが思いのほかよく動いてくれました。

・(今日の最終調整も)ダイメイプリンセスと併せて、今まで以上に動いてくれた印象です。

・(トータルに見て)去年の夏のほうがいい状態かなと感じています。使い込んでどんどん筋肉の張りが良くなるタイプだと思います。体重自体は増えています。高松宮記念までに2回使えますから、その過程で成長してくれればと思います。

・芝1200メートルはどの競馬場でも安定して走ってくれます。持ち味はハイペースで前に行っても粘れるところです。逃げるか番手からの競馬を馬が自然にしますから、あとは騎手に任せます。最近人気も出てきたよう・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース