【シルクロードS】美浦レポート~セイウンコウセイ

     

 27日(日)に京都競馬場で行われるシルクロードステークスに出走を予定しているセイウンコウセイ(上原博之厩舎・牡6歳)について上原博之調教師のコメントは以下の通り。

「前走は久々のダート戦で戸惑うところもあり、ダート巧者も多くて結果はよくありませんでした。その後このレースを目標にして近くの牧場に出して疲れを取り、予定通りきています。状態はいいです。

 今朝の追い切りは池添騎手が乗ってウッドコースでの単走でした。先週の日曜日に坂路で強い調教をしているので、今朝は池添騎手に感じと雰囲気を確かめてもらいました。終いはいい時計が出て、ジョッキーもいい感触だったようです。

 状態は去年と変わりませんが、年齢が6歳となり、スタートダッシュが衰えているかなという感じがして、先週ゲートからやったり工夫をしてきました。京都コースは得意としていて、この馬に合っていると思います。ハンデはどうしてもトップハンデになりますが、500キロ以上ある馬ですし、去年も58キロで2着になっていますから、また頑張ってほしいと思っています。

 先に繋がるいい結果を出してくれたらと思います。過去2年ともに2着になっているので、今年は1着を取らせたいですね」

(取材:小林雅巳)

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース