【愛知杯】美浦レポート~レッドジェノヴァ

     

 26日(土)に中京競馬場で行われる愛知杯に出走を予定しているレッドジェノヴァ(小島茂之厩舎・牝5歳)について鈴木一成調教助手のコメントは以下の通り。

「前走のエリザベス女王杯は思っていたよりも位置取りが後ろになってしまいましたが、しっかりと脚を使って力を出していい競馬でした。GIでもあれだけやれると分かり、良かったと思っています。

 その後は牧場に出して、年末に帰厩しました。それから順調に調整してきて今朝は坂路で最終追い切りをしました。先週までの時点でだいたい出来ていたので、輸送もありますし、あとは調整程度といった感じでしたが動きも良く、隣の馬に併せるような形でしたが順調な追い切りでした。力の出せる状態にあります。

 5歳になりましたが、気持ちの面で落ち着きがあり成長しているのだと思います。去年の夏以降馬が成長してきて、さらに良くなっているということを感じています。輸送については福島に行って勝っていますので心配はしていません。

 今回は中京コースで、去年の2月以来の左回りとなります。そこだけはどうかなと思いますが、今の状態の良さと牝馬同士であればそれもカバー出来るのではないかなと思いますし、あとはミルコ・デムーロ騎手におまかせしたいと思います。ハンデはもう少し背負わされるかなと思っていました。55キロなのでラッキーだったかなと思っています。

 今年は大きなレースに向かいたいと思ってい・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース