ルメール「キセキはいいペースメーカー。アーモンドの先導役」

     

114

1: 2018/11/26(月) 13:55:11.88
 四肢をバタつかせたときにゲートが開いてヒヤリとさせたが、ジャンプするように飛び出し、ハナに立ちそうな勢いで先行した。結局、8番枠から出た川田将雅のキセキがハナを切り、さらに外から上がってきたノーブルマーズが2番手。アーモンドアイは3、4番手の内で1コーナーに入った。
 「1コーナーまでがポイントだと思っていました。一番心配していたのは折り合いがつくかどうかだったのですが、すぐにいいポジションをとって折り合った。コントロールが利いていたので安心しました」と国枝師。囲まれることも、ぶつけられることもなく、内枠を生かした省エネコースを通って1、2コーナーを回り、向正面に入った。
 昨年の菊花賞馬キ・・・

 続きは「うまなみ・競馬にゅーす速報

 - 競馬まとめ

最新記事一覧