【福島記念】(福島11R)~スティッフェリオが好位から脚を伸ばし重賞初制覇

     

福島11Rの福島記念(3歳以上GIII・芝2000m)は2番人気スティッフェリオ(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒3(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気マイスタイル、さらにクビ差の3着に1番人気エアアンセムが入った。

スティッフェリオは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母シリアスアティテュード(母の父Mtoto)。通算成績は19戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 スティッフェリオ(丸山元気騎手)
「状態も良かったですし、枠も良かったです。行く馬が何頭かいて展開もベストでした。流れていても脚はたまっていましたし、1頭になるとフワッとするところはありましたが、最後までしっかり走ってくれました」

2着 マイスタイル(田中勝春騎手)
「マルターズアポジーの2番手は予定通りでした。それでも後ろの馬に脚を使わせるような競馬を心掛けて、その中で脚もたまっていました。頑張ってくれていますが、勝った馬にシュッと来られてしまいました」

3着 エアアンセム(田辺裕信騎手)
「なかなか脚をためにくい競馬になってしまいました。馬場状態も考えて意識的に出していったのですが、時計も速かったですし......。それでも力は出してくれています」

4着 ナイトオブナイツ(松山弘平騎手)
「もっと前の位置で競馬をしよ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧