ロンジンワールドベストホースランキング~2018年首位はウィンクスとクラックスマン

     

「2018年度ロンジンワールドベストレースホースランキング(LWBRR)」がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。2018年1月1日から12月31日までに出走した馬を対象としたもので、国際ハンデキャッパー会議において決定されたものとなっている。

115ポンド以上の332頭(実頭数)がランク付けされ、日本は32頭が掲載された。国別では、アメリカ(74頭)、イギリス(55頭)、オーストラリア(51頭)に次いで昨年と同じ第4位だった。

2018年のランキングトップはクラックスマンとウィンクスの2頭で、レーティングは130ポンド。クラックスマンはラストランとなった10月の英チャンピオンステークスを6馬身差で完勝し、2017年と同じレーティングとなった。英チャンピオンステークスは2017年も7馬身差で圧勝している。2018年は4戦3勝で、他にガネー賞とコロネーションカップを勝ち、プリンスオブウェールズステークスは2着だった。

ウィンクスは2018年も勝ち続けてこの年は7戦7勝、すべてG1で、コックスプレート4連覇という偉業も達成し、2015年5月から続く連勝も29となった。LWBRRではウィンクスは2015年が第8位タイ(123ポンド)、2016年が第3位(132ポンド)、2017年が第2位(132ポンド)と順位を上げ、2018年はトップに浮上している。

第3位はアクセラレイトで128ポンド。パシフィ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧