2018年の「世界のトップ100 G1競走」、日本から10競走ランクイン

     

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)は23日、2018年世界のトップ100 G1競走を発表した。今回は11ヶ国36競馬場のG1競走がリストに名を連ね、1位は過去4年で3回目となるフランスの凱旋門賞(125.00)、2位はオーストラリアのクイーンエリザベスステークス(123.75)、3位はイギリスのプリンスオブウェールズステークス(123.25)となっている。

※( )の数値は年間レースレーティング

 日本の競走では、ジャパンカップの7位を筆頭に、以下のとおり合計10競走が100位以内にランクインしており、ランクインした競走数では、オーストラリア(31競走)、イギリス(19競走)、アメリカ(14競走)、香港(11競走)に続き、世界5位となる。

 昨年に引き続き天皇賞(春)は、2700メートル超のExtendedカテゴリーで、世界ナンバー1(今回はイギリスのゴールドカップとタイ)に位置づけられている。

●100位以内にランクインした日本の競走は以下のとおり。( )内は年間レースレーティング。

【7位】ジャパンカップ(122.50)
【17位】天皇賞(秋)、有馬記念(120.75)
【47位】大阪杯(118.25)
【52位】天皇賞(春)(118.00)
【62位】安田記念(117.50)
【67位】東京優駿(日本ダービー)・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[1]第49回 高松宮記念(G1) /2019   うまなみ・競馬にゅーす速報
高松宮記念8 中川大志のヒント   競馬サイン・勝利の法則
キタサンブラックに弱点が見当たらない件   うまなみ・競馬にゅーす速報
京浜盃2019 予想   競馬sevendays
高松宮記念7 おかずクラブのヒント   競馬サイン・勝利の法則