【チャンピオンズC】栗東レポート~オメガパフューム

     

 12月2日(日)に中京競馬場で行われる第19回チャンピオンズカップ(GI)に出走を予定しているオメガパフューム(牡3、栗東・安田翔伍厩舎)について、追い切り後の安田翔伍調教師のコメントは以下の通り。

(前走のJBCクラシック2着を振り返って)
「もちろん1着を目指していましたので、2着という結果に残念な気持ちはあります。しかしこの馬の能力を再確認できたレースでもあり、ペースが上がった時に遅れた面など、今後の課題が見つかったという意味では、いろいろ学んだレースでした。
 少し急がせてしまうと左に張る面は元々ありました。前走では、それが出てしまったので、今後に修正しなければならない課題ではあると思います」

(前走後の調整について)
「シリウスステークスの時と違って、レース後もしっかり体力を消費した感じがありました。そういう過程を踏んだ方が競馬に向けてのリズムが作りやすい馬です。在厩させたまま思い通りの調整を経て、今回のレースを目指しています。
 前走が終わって、プール調教を併用しながら、まずはレースの疲労を回復するのに努めました。そこから今回のレースに向けて、また集中力を高めていく調教に移行しての今日に至ります」

(調教過程を振り返って)
「馬自身、だいぶ集中力が高まって競馬モードに入っています。その気持ちを乱さない程度に負荷をかけられればというとこ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧