【チャンピオンズC】栗東レポート~サンライズノヴァ(戸崎騎手)

     

 12月2日(日)に中京競馬場で行われる第19回チャンピオンズカップ(GI)に出走を予定しているサンライズノヴァ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)について、鞍上の戸崎圭太騎手のコメントは以下の通り。

(前走の武蔵野S1着を振り返って)
「その前のレースではスタートでずいぶん遅れてしまったので、スタートだけ注意しました。そんなに前に行くつもりもなかったので、後ろからになりました。良いリズムで走れまして、この馬の強さを見せることができたレースだったのかなと思います」

(この馬の持ち味は?)
「力という面では、周りの馬に引けを取らないなという感じの馬です。最後の末脚は素晴らしいものを持っているなという馬です。
 一歩一歩力強さが出たので、最後の脚もさらに磨きがかかっているというのは感じます」

(今回のレースに向けて)
「ずっと東京で走っていましたし、東京というとワンターンが多かったので、コーナーが4つになるのが一番の課題かなと思っています。ただ、特に折り合いが難しいとかそういう馬ではないので、距離に関しては対応できるのかなと思っています。
 本当にレベルが高いなという馬たちがいますので、周りというよりも、この馬のリズムで最後に良い脚を使えればなと思っています。
 休み明けは結構テンションが高かったりするのですが、前走は落ち着いていましたから、問題・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧