【チャンピオンズC】栗東レポート~サンライズノヴァ(生野調教助手)

     

 12月2日(日)に中京競馬場で行われる第19回チャンピオンズカップ(GI)に出走を予定しているサンライズノヴァ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)について、追い切り後の生野賢一調教助手のコメントは以下の通り。

(最終追い切りを振り返って)
「競馬の間隔が詰まっていますし、全体の時計はそんなに出さなくていいと思ったので、最初ゆっくり入って、終いはしっかりやる形にしました。
 競馬のダメージもないと思いますし、使ったことで馬がシャキッとした感じがあるので、調子は良いと思います」

(この馬の良さは?)
「走っていると無駄なことはしませんし、トモからの力がしっかりと伝わるような走りをしているのではないかと思います」

(今回のレースに向けて)
「よく東京で走っているイメージがあるのですが、似たような直線の長い、大きいコースですし、十分に持ち味を生かせるのではないかと思います。
 結構前になるのですが、1800mでも走っていましたし、4つのコーナーも回っていたので、こなしてくれるのではないかと思います。
 以前走っていた時は、まだこの馬の競馬がしっかりと確立されていない時でした。今はもう、最初のんびりと行って、終いはしっかりと脚を使うという競馬が確立されてきているので、こなしてくれるのではないかと思います。
 最後はどうしても外を回して脚・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース