【セントウルS】栗東レポート~マテラスカイ

     

9月8日(日)に阪神競馬場で行われる第33回セントウルステークス(GII)に登録しているマテラスカイ(牡5、栗東・森秀行厩舎)について、鞍上の武豊騎手のコメントは以下の通り。

(前走のプロキオンS5着を振り返って)
「昨年はレコードで勝ったレースなので当然期待していました。ラストで少し甘くなってしまって、結果的には残念でした。
 すごく馬場が乾いていたわけではないのですが、当日の朝ぐらいの馬場状態だったら一番良いかなと思ったのですが、ラストは意外でした」

(最終追い切りに跨がった感触は?)
「元々調教ですごく走る馬で、いつもすごいタイムが出るのですが、今日は聞いてびっくりしました。ビシッと強く追ったのですが、良い頃に比べるとまだまだ息遣いが苦しそうかなというのはありました。この追い切りで良くなってくれればという感じです」

(今回のレースに向けて)
「スピードのある馬なので、芝でもスピード負けはしないと思います。元々ダートでも軽いダートの方が良い馬なので、そういう意味では、地方競馬の深いダートを走るよりは芝の方が向いていると思います。1200mで、しかも開幕週ということで条件は良いと思います。
 ステップレースとしては良いレースだと思いますし、ここで結果を出せば、今後国内でダート、芝の二刀流で行けるかなというのはあります。非常に期待しています。

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース