【セントウルS】栗東レポート~ダイメイプリンセス

     

9月8日(日)に阪神競馬場で行われる第33回セントウルステークス(GII)に登録しているダイメイプリンセス(牝6、栗東・森田直行厩舎)について、追い切り後の森田直行調教師のコメントは以下の通り。

(前走の北九州記念1着を振り返って)
「他の馬に邪魔をされずに、外差しの決まる馬場でスムーズなレースができたことが勝因だと思います」

(前走後の調整について)
「変わりなく順調です」

(最終追い切りを振り返って)
「中2週ですから、一杯に行くのではなく、最後は強めにという指示でした。
 思いの外、時計が速くなりました。もう少し遅くても良かったのですが、それだけ順調ということでしょうね。
 冬場は筋肉が落ちていたのですが、暑くなるにつれて筋肉の量が増えて、去年の良い頃の体に戻ってきたかなという感じがします」

(今回のレースに向けて)
「中山でも走っていますから、心配はしていません。
 以前は直線1000m専用と巷ではよく言われていましたが、私は(1200mは)走れると思っていました。1200mまでなら走れると思っています。
 馬主さんのために頑張って(サマースプリントチャンピオンを)獲れたらなと思います。
 6歳にして、去年より力を付けているなという感じがしています。セントウルステークス・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース