【メイクデビュー】(東京2R)~ダンホーキラーが勝利

     

東京2Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は2番人気ダンホーキラー(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分28秒6(良)。3馬身差の2着に9番人気ペイシャジュエル、さらに1馬身差の3着に6番人気カッチョエペペが入った。

ダンホーキラーは美浦・鹿戸雄一厩舎の3歳牡馬で、父キングヘイロー、母モガミヒメ(母の父カコイーシーズ)。

~レース後のコメント~
1着 ダンホーキラー(三浦皇成騎手)
「調教通りの動きでした。ゲートは速い馬ですが、今日は他の馬に行かせ、折り合いもつきました。最後は遊ぶくらいの余裕もあり、良い内容でした」

2着 ペイシャジュエル(山田敬士騎手)
「能力は高い馬ですが、気難しいですね。最後一頭になるとフワッとしてしまうのも、そうした性格が影響したかもしれません。ゲートはワンテンポ遅いですが、二の脚はつきますし、終いの脚もあります」

5着 ヤマトフェニックス(勝浦正樹騎手)
「追ってからが課題です。ゲートは問題なく出て、競馬も上手なのですが、直線でもうひと伸び欲しいです」

6着 キンシロウ(嘉藤貴行騎手)
「返し馬からあまり集中していませんでした。それでも終いはよく伸びていますし、一度使った次はさらに良くなりそうです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧