【紫苑S】(中山)~パッシングスルーがハナ差の激戦を制す

     

中山11Rの紫苑ステークス(3歳GIII・牝馬・芝2000m)は2番人気パッシングスルー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒3(良)。ハナ差の2着に6番人気フェアリーポルカ、さらに半馬身差の3着に1番人気カレンブーケドールが入った。

パッシングスルーは美浦・黒岩陽一厩舎の3歳牝馬で、父ルーラーシップ、母マイティースルー(母の父クロフネ)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 パッシングスルー(戸崎圭太騎手)
「大外枠でしたが、スタートが良く、二の脚もききました。道中スムーズに運べましたし手応えも良く、仕掛け所を間違わなければと思いました。牝馬としてはパワーがあります。GIでも期待してほしいです」

(黒岩陽一調教師)
「思い描いた調整ができましたし、競馬場でも落ち着いていたので、自信を持って送り出せました。この後は天栄に向かいます。次走は慎重に馬の様子を見ながら決めたいと思います」

2着 フェアリーポルカ(三浦皇成騎手)
「もうちょっとでした。うまく行ったと思いましたが、一瞬追い出しを待たされた分でしょう」

3着 カレンブーケドール(津村明秀騎手)
「ゲートを出たところで、少しトモを落としてしまいました。そこから出していったら、ハミをかんでしまいました。それが抜けていれば良かったのですが..・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース