【クロッカスS】(東京10R)~ディキシーナイトが鋭く脚を伸ばし前を捕らえる

     

東京10Rのクロッカスステークス(3歳オープン・リステッド・芝1400m)は1番人気ディキシーナイト(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒2(良)。3/4馬身差の2着に2番人気ルガールカルム、さらに半馬身差の3着に4番人気ドゴールが入った。

ディキシーナイトは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父ダイワメジャー、母カメリアローズ(母の父ホワイトマズル)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ディキシーナイト(O.マーフィー騎手)
「厩舎で馬具を工夫して真っ直ぐ走っていました。長い距離の方がいいと思いますし、今日はメンバーに恵まれたのかなと思います。まだまだ強くなるのかなと思います」

2着 ルガールカルム(三浦皇成騎手)
「前に取り付いてからはいい手応えですし、位置取りの差が出たのかなと思います。(序盤は)もう少しやりようはあったのではないかと思います。勝てなくて申し訳ないです」

4着 ヘイワノツカイ(大野拓弥騎手)
「スッと反応したのですが、最後は少し甘くなりました。感触は良かったです」

5着 カルリーノ(勝浦正樹騎手)
「前が止まりませんでした。今日は前回より素軽さを感じましたし、1600mでも良いのではないかという印象を受けました。脚も使えていますから、オープンでも一発はあると思います」・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧