【メイクデビュー】(京都6R)~ユニコーンライオンが勝利

     

京都6Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は1番人気ユニコーンライオン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒1(良)。1/2馬身差2着に12番人気ホッコーメヴィウス、さらに1馬身差で3着に2番人気レッドアクトレスが入った。

ユニコーンライオンは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父No Nay Never、母Muravka(母の父High Chaparral)。

~レース後のコメント~
1着 ユニコーンライオン(M.デムーロ騎手)
「子供ですが頑張ってくれました。一度差されたと思ったのですが、差し返してくれました。(使われて)次はスピードがもっと出るでしょう。(強い)気持ちがある馬です」

3着 レッドアクトレス(川田騎手)
「ゲートでうるさかったり、3コーナーで止めるような面を見せるなど、まだ(精神的に)子供なところがあります。そのあたりが解消してくればいいですね」

5着 ラインエミネント(森一馬騎手)
「調教からゲートがうまく、スピードを生かしてハナに立って、マイペースで運ぶことが出来ました。最後は勝ち馬の決め手にやられたという感じでした。でも初戦としてはいい内容で、先々楽しみな馬です」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース