【メイクデビュー】(東京3R)~カフェクラウンが勝利

     

東京3Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は1番人気カフェクラウン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒3(良)。10馬身差2着に3番人気オオゾラ、さらにクビ差で3着に4番人気プリモスペードが入った。

カフェクラウンは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父Mineshaft、母Two Trail Sioux(母の父Indian Charlie)。

~レース後のコメント~
1着 カフェクラウン(ルメール騎手)
「(馬が)するべきことを分かっています。いいスタートを切って折り合いもバッチリでした。乗り味もいいですし、直線もいい手応えで速い脚を使ってくれました」

2着 オオゾラ(石川騎手)
「攻め馬の感じでは正直半信半疑でしたが、調教量を積んでいたのは強みでした。砂を被っても怯まないですし、途中から動く形のレースをしましたが、よく頑張ってくれました」

3着 プリモスペード(菊沢一樹騎手)
「新馬なので、まだ幼い感じでふわふわしているところはありました。4コーナーで勝ち馬に取りつこうと動いて行って、離されながらもよく頑張っていました。使って変わってくると思います」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース