【飛鳥S】(京都)~ボールライトニングが大外から突き抜けて久々の勝利

     

京都10Rの飛鳥ステークス(4歳以上1600万下、芝1800m)は5番人気ボールライトニング(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒0(良)。1馬身1/4差2着に1番人気モーヴサファイア、さらに2馬身差で3着に3番人気テーオービクトリーが入った。

ボールライトニングは栗東・宮本博厩舎の6歳牡馬で、父ダイワメジャー、母デフィニット(母の父Dehere)。通算成績は20戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ボールライトニング(松山騎手)
「ゲートは上手に出てくれましたが、前半、自分から動いて行くタイプではないので、終いを生かす競馬をしました。少頭数だったので早めに動く形になりましたけど、外に出すとしっかり伸びて、いい走りを見せてくれました」

2着 モーヴサファイア(北村友一騎手)
「リズム良く、上手に走ることが出来ましたが、勝ち馬の決め手にやられてしまいました。ただ、しっかりとした脚を使うことは出来ました」

3着 テーオービクトリー(M.デムーロ騎手)
「外に出してからよく伸びてはいるのですが、残念です」

4着 ドゥーカ(福永騎手)
「スローの流れで、2番手の馬が思いのほか動いてくれなかったので、展開が合わなかったです。もう少し流れて欲しかったです。最後は伸びていましたから」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース