【セントポーリア賞】(東京)~ワグネリアンの全弟カントルが2勝目

     

東京9Rのセントポーリア賞(3歳500万下、芝1800m)は1番人気カントル(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒2(良)。3/4馬身差2着に2番人気アドマイヤスコール、さらにハナ差で3着に3番人気トーセンカンビーナが入った。

カントルは栗東・藤原英昭厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ミスアンコール(母の父キングカメハメハ)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 カントル(戸崎騎手)
「調教で乗った時から素質は感じていました。ただ、先頭に立ってから遊んでいたりと、まだ子供っぽいところがあります」

2着 アドマイヤスコール(ルメール騎手)
「直線に向いて全然動かなかったので、バテてしまったのかと思いましたが、半ばごろから急に加速して驚きました。距離はこれくらいが良さそうです」

3着 トーセンカンビーナ(マーフィー騎手)
「このクラスを勝てる能力は十分にあります。急かしたりしない方がこの馬には合っています。距離はこれくらいが良さそうです」

5着 メリーメーキング(武豊騎手)
「道中の感じは良かったですが、最後は決め手の差ですね。あまり速い脚は使えないので厳しかったです」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧