【若菜賞】(京都)~エイティーンガールが人気に応えて快勝

     

京都9Rの若菜賞(3歳500万下、芝1200m)は1番人気エイティーンガール(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒4(良)。1馬身3/4差2着に4番人気タマモメイトウ、さらにクビ差で3着に3番人気メイショウオニテが入った。

エイティーンガールは栗東・飯田祐史厩舎の3歳牝馬で、父ヨハネスブルグ、母センターグランタス(母の父アグネスタキオン)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 エイティーンガール(池添騎手)
「チャカチャカとしている面があるものの、レースでは落ち着いていました。3コーナーでペースがスローになっても馬の後ろで折り合いをつけて、追い出してからはしっかり脚を使ってくれました。折り合いもつきましたから、1400mでも大丈夫だと思います」

2着 タマモメイトウ(川田騎手)
「性格的に難しいところがあります。それを考えたらよく走っています。少しずつ大人になってくれればと思います」

3着 メイショウオニテ(秋山騎手)
「今日は(前走から)間隔も空いていたので、動くことが出来ませんでした。これで良くなると思います。1200mはいいですね」

4着 ファイアーボーラー(松山騎手)
「ペースが遅く、少し力むようなところがありました。でもラストはしっかりと脚を使っています。落ち着きが出ているように感・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース