【ペガサスワールドカップターフ】~ブリックスアンドモルタルが優勝、アエロリットは9着

     

現地1月26日(土)、アメリカ合衆国フロリダ州のガルフストリームパーク競馬場で行われたペガサスワールドカップターフ(G1、3歳以上、芝1900m、10頭)は、ブリックスアンドモルタル(牡5、C.ブラウン厩舎/I.オルティスJr.騎手)が1分54秒59のタイムで優勝。2着にマジックワンド、3着にデルタプリンスが入った。

日本から遠征したアエロリットは9着に終わった。

~レース後のコメント~
9着 アエロリット(F.ジェルー騎手)
「パドックで馬に跨ってからレースまで、非常に良い雰囲気を感じていましたが、3コーナーから手応えが悪くなってしまいました」

(菊沢隆徳調教師)
「アメリカに来て今日まで、順調に調整を進めることが出来ました。残念な結果となってしまいましたが、アエロリットや私にとって良い経験になりました。ここまでサポートをしてくれたすべての関係者の皆様に感謝申し上げます」

・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース