【根岸S】(東京)~コパノキッキングが4連勝飾る

     

東京11Rの第33回根岸ステークス(GIII、4歳以上、ダート1400m)は2番人気コパノキッキング(O.マーフィー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5(良)。3/4馬身差2着に3番人気ユラノト、さらに1馬身3/4差で3着に5番人気クインズサターンが入った。

コパノキッキングは栗東・村山明厩舎の4歳セン馬で、父Spring At Last、母Celadon(母の父Gold Halo)。通算成績は9戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 コパノキッキング(マーフィー騎手)
「いい位置へ楽につけられました。これからが楽しみです。唯一1200mから1400mへの距離延長を懸念していました。早めに先頭へ立たないように気をつけて乗りました。これが日本での24勝目ですが、次のレースでも勝ちたいと思っています。(今回の来日では)JRAや皆さんのサポートに感謝しています。日本の競馬は世界一と思っています。何回でも来たいと思っています。"またね"(日本語で)」

(村山明調教師)
「スタートが良かったです。(スタートが良ければ)無理に下げなくていいですよ、とは言っていました。ちょうどいい位置だったと思っています。初の左回りでしたし、距離を克服してくれました」

2着 ユラノト(ルメール騎手)
「マテラスカイの後ろにつけられて、いいポジションでレースが出来ました。・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース