【シルクロードS】(京都)~ダノンスマッシュが重賞連勝

     

京都11Rの第24回シルクロードステークス(GIII、4歳以上、ハンデ、芝1200m)は1番人気ダノンスマッシュ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(良)。1馬身1/4差2着に11番人気エスティタート、さらにクビ差で3着に12番人気ティーハーフが入った。

ダノンスマッシュは栗東・安田隆行厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母スピニングワイルドキャット(母の父Hard Spun)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンスマッシュ(北村友一騎手)
「前走とは違い、今回は負けられないという気持ちでした。これで本番にいい形で向かえますから、勝ててホッとしています。今日はスタートが良く、馬も落ち着いていました。ラブカンプーを見ながらのレースでしたが、(ラブカンプーの)手応えが怪しくなり、外に切り替えたのが良かったです。その切り替える時に、馬が落ち着いて反応が良かったことが収穫です。大舞台を目標に無事にここまで来ることが出来ました。次も期待を持って、人馬ともに頑張りたいです」

2着 エスティタート(浜中騎手)
「前の馬が飛ばして展開が向くかと思ったのですが、今日は勝ち馬をほめるしかありません。でも、これだけ実績のあるメンバーの中での2着ですから、本当に頑張っています」

3着 ティーハーフ(国分恭介騎手)
「馬は状態が良い・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
阪神大賞典 スプリングS 予想 New!  競馬サイン・勝利の法則