【きさらぎ賞】栗東レポート~エングレーバー(片山助手)

     

2月3日(日)に京都競馬場で行われる第59回きさらぎ賞(GIII)に登録しているエングレーバー(牡3、栗東・中内田充正厩舎)について、追い切り後の片山裕也調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の500万下1着を振り返って)
「中山遠征ということで、輸送のことから気を遣いながら進めていました。体調も良かったので、予定通り良い競馬ができて、結果もついてきたので良かったと思っています」

(前走後の調整について)
「(いつもと)変わらず疲れを一回取ってあげて、きさらぎ賞を目標に進めてきました。問題なく来ています」

(調教過程を振り返って)
「前走を使ってそんなに日が経っていないので、1週前は気が入って走っていけるようにということをメインに調教を進めました。
 今日も藤岡佑介騎手に乗ってもらいました。全体的に長めからずっと抑える所は抑えて、行ける所は行くというメリハリをつけた調教をしてもらうようにしました。
 変わりないですし、ジョッキーの反応も良かったので、大丈夫だと思います」

(成長を感じた部分は?)
「どちらかと言うと、調教よりも競馬に行って良くなってくるタイプなので、成長はしていますが、変わらずにいます」

(この馬の持ち味は?)
「前走を見ていてもそうですが、あのようなトリッキーなコースで・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース