【きさらぎ賞】栗東レポート~エングレーバー(藤岡佑介騎手)

     

2月3日(日)に京都競馬場で行われる第59回きさらぎ賞(GIII)に登録しているエングレーバー(牡3、栗東・中内田充正厩舎)について、鞍上の藤岡佑介騎手のコメントは以下の通り。

(前走の500万下1着を振り返って)
「非常に内容の良い競馬だったと思います。初戦が(ゲートの)中で動く素振りを見せていたので、中間はしっかり練習してもらって、良いスタートだったと思います。直線の入り口は、抜け出す脚がすごく速い馬なので、そこからもう少し突き放して行けるとさらに良いなと思います。勝った中でも内容が良かったので、求めるものも高くなってくるという感じです。
 前走の前は、追い切りですごい動きを連発していたので、かなり手応えを持って競馬には向かいました」

(今回のレースに向けて)
「距離に関しては、そんなに心配ないと思います。ワンターンの外回りなので、前走でも4コーナーを回ってくる時に反対の手前で回ってくるなど、少し幼い部分があるので、その辺が課題かなと思います。
 中間もその辺の癖は厩舎サイドに伝えて、少しずつ改善されてきているみたいです。動きに関しては正直、前走もすごく良かったので、特段この前より良いということはありませんが、少しずつ走りのバランスが良くなってきて、変化は見られます。
 ものすごく加速力のあるタイプです。
 一気に相手は強くなりますが、ここで良い・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース