【東京新聞杯】栗東レポート~インディチャンプ

     

2月3日(日)に東京競馬場で行われる第69回東京新聞杯(GIII)に登録しているインディチャンプ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)について、追い切り後の生野賢一調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の元町S1着を振り返って)
「スタートが決まりましたし、出たなりで楽に追走して、最後もしっかりと脚を使って伸びてくれました。良い競馬だったなと思います」

(前走後の調整について)
「少し厩舎で様子を見まして、放牧に出ました。このレースに向けてまた入厩して調整しました」

(調教過程を振り返って)
「1週前は、その前の週に単走で結構時計が出ましたので、相手の行くなりで調整をしました。
 今日は、先週が少し軽かった分、しっかりと時計を出して、最後もしっかりやるようにと指示を受けました。
 時計もしっかり出ていましたし、それにも関わらず、仕掛けてからの反応も良かったです。併せていた馬を置いて、スッと抜け出していたので、良かったかなと思います」

(成長などを感じる部分は?)
「一戦ごとに馬が着実に力を付けていると思いますし、精神面でもだいぶ落ち着きが出たというか、いらない所で変な力を使わなくなったかなと思います」

(この馬の持ち味は?)
「乗り難しいところはないと思いますし、競馬に行ってしっかりと真面目に走っ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース