【川崎記念】(川崎)~ミツバがJpnI初制覇

     

今年最初のGI級(JpnI)競走、第68回川崎記念(ダート2100m)は、川崎競馬場(晴・良)で11頭が出走して行われ、先行グループを見ながら5番手の内に構えた3番人気ミツバ(JRA栗東・加用正厩舎、和田竜二騎手)が勝利した。4コーナーで先頭に立った2番人気オールブラッシュ(JRA)と、これに迫る圧倒的1番人気ケイティブレイブ(JRA)との競り合いに持ち込み、最後は2馬身半の差をつけてJpnI初制覇を飾った。勝ちタイムは2分15秒0だった。
 
3番手でレースを運んだケイティブレイブは2着、2番手を進んだオールブラッシュはさらにアタマ差の3着。1馬身半差の4着にアポロケンタッキー(JRA)、大差の5着にコパノチャーリー(JRA)が続いた。地方所属馬ではカガノカリスマ(笠松)の6着が最高の成績。

勝ったミツバは父カネヒキリ、母セントクリスマス(その父コマンダーインチーフ)という血統の牡7歳馬。通算成績は43戦11勝(重賞3勝目)、JpnIはこれが初勝利。

<レース後の関係者のコメント>
1着 ミツバ(和田竜二騎手)
「馬が頑張ってくれました。嬉しいです。返し馬から気合が乗っていて、ゲートを出てくれそうな雰囲気がありました。イメージ通りでした。シミュレーションしていた中では一番良い形でした。3コーナーで(内か外の)どこに行こうかと思っていましたが、外を狙っている馬が多くて、今日は内・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【競馬予想】[2]第68回スプリングステークス(G2) /2019 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
阪神大賞典8 リッジマンの法則 New!  競馬サイン・勝利の法則
【競馬予想】[2]第67回 阪神大賞典(G2) /2019 New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
スプリングS10 ファンタジストの法則 New!  競馬サイン・勝利の法則
スプリングS9 シークレットランの法則 New!  競馬サイン・勝利の法則