【メイクデビュー】(東京3、4R)~メイショウテンスイ、フィオリキアリが勝利

     

東京3Rのメイクデビュー東京(ダート1300m)は1番人気メイショウテンスイ(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分18秒7(重)。1馬身1/4差の2着に4番人気オイデヤスダイジン、さらにクビ差の3着に3番人気メタルスパークが入った。

メイショウテンスイは栗東・南井克巳厩舎の2歳牡馬で、父ダンカーク、母フラワーガイア(母の父ゼンノロブロイ)。

~レース後のコメント~
1着 メイショウテンスイ(古川吉洋騎手)
「調教通り、ゲートは速かったです。新馬ということもあり物見をしていました。これからの馬なのに初戦から勝つとは大したものです」

2着 オイデヤスダイジン(伊藤工真騎手)
「上手にゲートを出て、好位で競馬をしてくれました。勝ち馬に食らいついていましたし、上手に競馬をしていました」

3着 メタルスパーク(三浦皇成騎手)
「新馬としては余裕残しでしたので、使って良くなりそうです。馬場が緩くスピードに乗るまで時間がかかりましたが、よく伸びてくれました」

4着 アポロティアモ(戸崎圭太騎手)
「多少ふらふらしながらもこの馬なりによく頑張っています。使って良くなりそうです」


東京4Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は5番人気フィオリキアリ(宮崎北斗騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース