【メイクデビュー】(京都4、5R)~タケルラスティ、レクセランスが勝利

     

京都4Rのメイクデビュー京都(芝1400m)は2番人気タケルラスティ(坂井瑠星騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(稍重)。2馬身半差の2着に4番人気サーストンカイドー、さらにアタマ差の3着に1番人気エールヴィフが入った。

タケルラスティは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牡馬で、父スクリーンヒーロー、母クイックメール(母の父タイキシャトル)。

~レース後のコメント~
1着 タケルラスティ(坂井瑠星騎手)
「調教からいいスピードがあると思っていました。本当は先週使う予定でしたが1週延びて、それがこの馬にとっては良かったのだと思います。センスがあってスピード豊かな馬です」

2着 サーストンカイドー(藤岡佑介騎手)
「攻め馬の段階から乗り味が良く、いい感触で臨めました。大跳びの馬で、上がりのかかる展開が今日に関しては向いたと思います。切れ味勝負になった時どうでしょう。今回、持ち味である長くいい脚は使えました」

3着 エールヴィフ(松山弘平騎手)
「今日はスタートも速くて、楽な形で行くレースになりました。左に張るようなところがありましたが、追ってからが最後思っていた以上にジリっぽくなってしまいました」

5着 ジッピーレーサー(浜中俊騎手)
「まだまだ子供ですね。道中、ハミも取りませんでした。そういう段階でよく追い上げてくれまし・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース