【天皇賞・秋】美浦レポート~ランフォザローゼス

     

10月27日(日)に東京競馬場で行われる天皇賞(秋)(GI)に出走予定のランフォザローゼス(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後の藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

「前走はメンバーが強い毎日王冠でした。それまでの2戦があまり良くなく、距離かコースか、納得できずに使わせてもらったんですが、東京コースと1800メートルが良かったのかな、と思って、5着でしたが、今までよりはいい結果だったので、天皇賞(秋)を使ってみたい、と思って挑戦しました」
「ずっと滞在していましたが、週末からペースが上がってきて、速いところは今週の1本だけですが、順調に使わせてもらっているのでそれで充分だと思います」
「デビュー戦は1800メートルでしたが上手な競馬で、東京コースは向いていると思うので、何とか3歳ですけど、頑張ってもらいたいと思います」
「素晴らしい馬たちがたくさん出ていますし、前走も強い馬たちが出ていましたが、今回はまたそういう意味で、若い馬ですけど成長しそうなところがたくさんあるので、頑張ってくれたらな、と思っています」
「前走は上手に競馬をしてくれて、今回も速い流れになると思うんですけど、何とか頑張ってくれると思います」
「若い馬ですが、血統の素晴らしい馬で、まだこれから良くなると思うので、メンバーは強いですが、頑張ってもらいたいと思います」

(取材:山本直)<・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース