【天皇賞・秋】美浦レポート~ウインブライト(松岡騎手)

     

10月27日(日)に東京競馬場で行われる天皇賞(秋)(GI)に出走予定のウインブライト(牡5、美浦・畠山吉宏厩舎)について、追い切り後の松岡正海騎手のコメントは以下の通り。

「先週にやってもう少し良くなってるかな、と思ったんですけど、前走に比べて良化度がスローかな、という感じもしたので、(今日の追い切りは)しっかりやらせていただきました。ウッドチップが改修されて、負荷のかかり方がまだ自分では掴めていないところがありまして、GIに向かっていくにあたって、負荷が足りないのは自分で納得がいかないので、その通りやらせていただきました。1週前もスタンド前からひとつ半くらいやってますし、その割には良くなってきてないかな、と思います。馬自体の成熟度は春よりありまして、すごく乗っていていいな、と思うんですけど、追い切りでは動けないところがあります。(普段は)攻め馬を積むにつれて、手応えが良くなるんですけど、今回はそういうのが上がってくるのは遅いかな、と思います。もうやるべき追い切りはしてきたので、馬が良くなってくるのを待つだけです」
「今回は夏に放牧へ出ていたんですが、新しいレースまでのアプローチというか、牧場で乗らずに持ってきて、トレセンで乗り込んで使う、という形だったんですけど、夏が暑くて乗り込みが進まなかったのか、そういうところもありまして、9着という結果になりましたけど、馬は良くなっている感じはしています」
「僕とこの馬はずっと・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧