【天皇賞・秋】美浦レポート~アーモンドアイ(ルメール騎手)

     

10月27日(日)に東京競馬場で行われる天皇賞(秋)(GI)に出走予定のアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後のクリストフ・ルメール騎手のコメントは以下の通り。

「(今日の追い切りは)ちょうどよかったです。アーモンドアイのコンディションが良くなりました。休み明けですけど、いい競馬をすることができると思います。先週の追い切りが終わってから、息がたくさん入りました。今回は全然疲れていなかったので、彼女のコンディションはトップではないですが、たぶん80%になりました」
「彼女は仕事を良く分かっているので、楽に併せにいきましたが、リラックスしすぎていました。(肩ムチを入れたのは)ゴールの後も、彼女の脚を見たかったから、ちょっとプレッシャーをかけました。ズブいわけではないですが、(調教では)ゆっくり仕事をしています」
「昨年のジャパンカップの日はすごくいいコンディションだったと思います。今回は5か月近く休んだので、コンディションを戻すためには時間がかかります。すごくいい追い切りが出来ましたが、調教と競馬は違うので、天皇賞の後はもうちょっと良くなると思います。でも、彼女のレベルはとても高いから、また今週も勝てる、と思っています」
「(安田記念は)スタート以外、すごくいい競馬が出来ました。ラスト600メートルはアーモンドアイが一番速かったです。すごくいい脚を使ってくれました。残念ながらスタートでポジ・・・

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース