【節分S】(東京11R)~エントシャイデンが3頭の追い比べを制す

     

東京11Rの節分ステークス(4歳以上1600万下・芝1600m)は2番人気エントシャイデン(坂井瑠星騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒7(良)。ハナ差の2着に1番人気リカビトス、さらにクビ差の3着に3番人気キロハナが入った。

エントシャイデンは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母ルシュクル(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 エントシャイデン(坂井瑠星騎手)
「レースでは初めて乗せていただきましたが、道中の折り合いはまったく問題ありませんでした。反応が良すぎて、先頭に立つのが早すぎるぐらいでした。昇級戦でこれだけの競馬をしてくれたのですから、オープンでも楽しみです。まだ良くなると思います」

(矢作芳人調教師)
「本格化してきましたが、まだ幼いところもあります。オーナーと今年は重賞級に、と話していた馬で、今日はこのぐらいの仕上げで勝てたのも良かったです」

2着 リカビトス(田辺裕信騎手)
「よく伸びていますが、勝った馬はしぶとかったですし、3着馬を競り落とすのにだいぶ脚を使いましたからね」

3着 キロハナ(戸崎圭太騎手)
「いい感じで走れていました。一回使って良くなると思います」

6着 コスモイグナーツ(F.ミナリク騎手)

 続きは「競馬実況web

 - 競馬ニュース

最新記事一覧
【高松宮記念】17番人気ショウナンアンセム買えたヤツwwwwww New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
大阪杯1 のど自慢 主なイベント New!  競馬サイン・勝利の法則
【高松宮記念】ダノンスマッシュとは何だったのか New!  うまなみ・競馬にゅーす速報
大阪杯 桜花賞 登録馬 New!  競馬サイン・勝利の法則
高松宮記念 西野カナ馬券 New!  競馬サイン・勝利の法則